« しごと | トップページ | ふりー »

2009年11月22日 (日)

ひさたろ書評No.30

11月22日(日) ■ ひさたろ書評No.30 ■
総会屋錦城 (新潮文庫)
城山 三郎 (著)
評価(最高5):☆☆☆

城山三郎の有名な短篇集。
「総会屋錦城」をはじめとして、
会社モノの短篇集が数本収められている。
ほとんどが高度経済成長期の会社の裏舞台を描いたもので、
城山らしいかっこよい男達の生き様に触れることができる。

オレはその中でも「プロペラ機・着陸待て」が好きだった。
いつもの作品とはちょっと違った城山を楽しむことができた。
男くさいアツイストーリーが好きな人にオススメな一冊。

-----
2009/09/11 7:16
朝活中。
inオレンチ

→掲示板でコメントする
D091122


|

« しごと | トップページ | ふりー »

ひさたろ書評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひさたろ書評No.30:

« しごと | トップページ | ふりー »