« 寝巻きに着替えていたら、、 | トップページ | 日がある »

2010年3月19日 (金)

先物取引は役に立つ?!

3月19日(金) ■ 先物取引は役に立つ?! ■
大昔からずーっと存在理由が分からなかったのが、
「先物取引」。
先物取引とは将来(例えば数ヵ月後)この値段で買うよっていう約束の取引のこと。
この取引する人達を日本では投機家って呼んでいて、
どうもギャンブラー的であんまりよくないイメージがある。

ところが。
自分の父親の職業を「プロの投機家」と胸を張っていたという、
アメリカの子どものハナシを読んだ。
その心は。

先物取引とはもともと農家が安定経営を行うという発想からでてきたらしい。
トウモロコシを一生懸命作っても、
売るときは赤字ってんじゃやってられない。
でも種を植える前に売る値段が分かっていたら、
ものすごく安定的に農業ができる。
これが先物取引の原点らしい。
ところが買い手がいなければこれは成り立たない。
これを自らのリスクで買うのが投機家。
農家の生活を安定させるという社会的責任を果たしているわけだ。

先物取引も投機家も、そんな重要な役割があったんだね。

-----
2010/03/11 23:40
ねよう、か。
inオレンチ

→掲示板でコメントする
D100319
横浜にて。

|

« 寝巻きに着替えていたら、、 | トップページ | 日がある »

エッセイ」カテゴリの記事

政治・経済・投資バナシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先物取引は役に立つ?!:

« 寝巻きに着替えていたら、、 | トップページ | 日がある »