« 父の日騒動 | トップページ | マーチングバンド »

2010年6月21日 (月)

オレのスキなウタ No.23 「Over」

6月21日(月) ■ オレのスキなウタ No.23 「Over」 ■
Over
Mr.Children

この間ミスチルの中からスキなウタを紹介したので、
ついでにミスチルからもう一曲。
Atomic HeartよりOver
この曲は心にしみるのよ、特に歌詞が。
まさに男性のための曲だと思う。

この曲が発売された頃、
オレはまだ中学生。
初めて行ったカラオケで初めて歌ったのがこの曲だった。
当時はまだおこちゃまで、
せいいっぱい背伸びして歌っていたような気がする。

この曲にはこの辺の年齢特有の、
淡い思い出的逸話があったりなかったりするとのうわさもないではない。
が、ここには書かない。

いろいろ含めて大切にしている一曲です。

-----
2010/06/14 23:45
ねんべ。
inオレンチ

→掲示板でコメントする
D100621
ここはどーこだ??
しばらくぶりに行きたい。


|

« 父の日騒動 | トップページ | マーチングバンド »

オレのスキなウタ」カテゴリの記事

コメント

中学生がせいいっぱい背伸びしてって、なんか、いいよね。
本人はちょっとオトナキブンだったり、曲を120%くらい理解した気分で歌ってるんだけど、大人になって思い返すと、やっぱり中学生。なんか、かわいいね。

ミスチルの、てか、桜井さんの歌詞って、すごく共感できるというか、深いものがあるよね。
並大抵の人生経験や感受性ではこんな歌詞はかけないな、って思う。
以前夫とgiftの歌詞について話したことがあったんだ。オリンピックのテーマソングを書いてくださいって言われた桜井さんは、アスリートのこととかメダルをとることとかその色とか、いろんなことを考えて、Aメロに「いちばんきれいな色ってなんだろう」を持ってきて、テーマをgiftにするところまで、どんなにいっぱい考えたんだろうって。
この作業って、ものすごーく頭を使う上に、自分の経験や感受性ってものをフル活用しないとできないものなんだよね。
それをやって素晴らしい作品を作っちゃうんだから、きっと人間的にも魅力的な人なんだろうと思う。

よく知らないけど。

投稿: meg3 | 2010年6月22日 (火) 00時17分

どーでもいい話だけど、アトミックハートの初回限定版がうちにあるよ☆
個人的には昔の曲が好き。曲が丁寧でメロディだけで心に迫る。クロスロードの音の運びとか好きなんだよなー・・・。
この頃の私はグローブだったな。そうそう淡い思い出話つきのね(^^)v

投稿: じゅん☆ | 2010年6月22日 (火) 07時59分

>meg3
おお、わかってくれますなぁ(*^_^*)
へぇ、giftのエピソードは知らなかった。
こういう曲&歌詞を作れるってホントすごいよねー。
またミスチルのウタって曲と歌詞がこれでもかってくらいマッチしてるんだよ。
それがまたすごい!

投稿: ひ | 2010年6月23日 (水) 22時43分

>じゅん☆
なぬ?!青いケースのやつ?!?!
いいなぁ、いいなぁ。
当時オレの友達が限定版をずいぶんオレに薦めたんだが、
「聞ければいい」と結局買わなかったんだ。
おれのばかー。
クロスロードもよいよね。
アトミックハート前のアルバムは名曲ぞろいだと思う。

投稿: ひ | 2010年6月23日 (水) 23時05分

そう、青いアレね。

でも残念ながら私のじゃないんだ。夫がやたらに自慢するから『ほほーう。そんなにレアなものか』と思ってひさに自慢してみただけ(笑)本当の価値はわかってないの。
だから「じゅん☆はミスチルファン歴長いのか…」なんて勘違いしちゃダメだよ!

熱烈なファンが身近にいると冷める、という性質を持つ私は、どの時期においてもミスチルファンと仲良しなので一度もミスチルファンになったことがないのだー(・ω・)ノ←でも曲は知ってる。

投稿: じゅん☆ | 2010年6月24日 (木) 00時52分

あ、giftの話はあくまでもmeg3と夫の想像の話、ね。
でもさ、オリンピックのテーマソングになったことを考えると、また違った意味合いを持つし、うちの夫は「gift」=「子供」と捉えて解釈する方が強いらしく、聴くと泣きそうになるんだとか。
見方を変えればまだまだいろいろいるんだろうね。そういう深い歌詞を書ける桜井さんは、やっぱりすごい。
もちろん、曲も。
meg3的にはあと、韻を踏むのが上手なところもスキ。

投稿: meg3 | 2010年6月24日 (木) 01時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オレのスキなウタ No.23 「Over」:

« 父の日騒動 | トップページ | マーチングバンド »