« 復活のひさたろシアタ | トップページ | 東京が恋しい »

2010年6月 5日 (土)

お父さん論

6月5日(土) ■ お父さん論 ■
ご承知のとおりオレは結婚願望・お父さんになりたい願望がかなり強い。
結婚に関しては何度かバカ話を展開しているので、
今日はお父さんに関して。

ご存知の方も多いとは思うが、
オレは昔から26歳結婚論を唱えていていた(残念ながら夢は破れたが)。
これにはちゃんとした理由があって、
パパになってやりたいこととオレの体力・健康状態によるところが大きい。

パパになってやりたいこととは、
「キャッチボール」。
じゃあ26歳とか関係ないじゃないか、
と思われるかもしれないがそんなことはない。
「キャッチボール」(もしくは野球)を本気でやりたいのだ。
すると必然的に子どもが中学生も高学年くらいまで待たなければならない。
27歳で子どもが誕生したとしてもそのころはオレは40歳前半になっているわけ。

考えてもみよう。
これだけしょっちゅう「やれ足が痛い」「やれ体調崩した」といっているオレが、
本気でキャッチボールをできる上限の年齢といえば大体このくらいであろう。
だから26歳という数字が算出されたわけ。

しかし過ぎてしまったので仕方ない。
日々トレーニングに励んで40歳後半までは何とか本気キャッチボールができるように体力・健康状態を保つことにしよう。
ただそういう理由なので、
35歳を境界線としてオレの結婚願望が著しく衰退する可能性は否定できない。

-----
2010/06/04 21:04
のんびり。
in福井city

→掲示板でコメントする
D100605
都内にて。


|

« 復活のひさたろシアタ | トップページ | 東京が恋しい »

エッセイ」カテゴリの記事

ひさたろバカ話シリーズ」カテゴリの記事

コメント

男の子がいいってこと??
小学生くらいまでしかキャッチボールとかやってもらえないよ・・^^;

しかも、だいたいすぐ飽きて「他の遊びしようよ!」と数時間にわたってしつこく
催促されます(笑)ほんと体力と気力がいるけれど、すでに私にはあんまりないという・・>_<

投稿: ミミヒサ | 2010年6月 6日 (日) 01時52分

万年ビリの私から生まれた4年連続リレー選手の娘の不思議。
運動能力は素質20%、環境80%などど聞いたことが。。
子どもと外遊びを積極的にしてくれるうちの旦那。ありがたいことです。

というわけで、未来のひさたろパパの熱意を大いに応援したい私です。
いろいろ難しく考えないで、一緒にいたい人にどーんとぶつかるんじゃよ!
当たって砕けろ!百戦錬磨!

投稿: まるよ | 2010年6月 6日 (日) 06時57分

>ミミヒサさん
そんなことはない!
中学生くらいまではキャッチボールとかやってくれるはず!!
そういう風に育てるもん(笑)
中学のときの野球部の連中は何人か親子でキャッチボールやっているのいたよー。
男の子女の子はどっちでもいいなぁ。
女の子だったらテニスとか楽器とか、遊びの種類が変わるだけ(^^)

>まるよさん
応援どうもありがとうございます!!
ただ2点ほど反論が。
当たっても砕けるのは嫌でございます^^;
百戦も戦うのはもっと嫌でございます(笑)
できればあと一戦くらいで、、。

投稿: ひ | 2010年6月 6日 (日) 16時56分

楽器だったら年齢関係なくできるよー☆
でも、野球やってた旦那がよく言うけど、ボールを投げるフォームがきれいな女の子はかっこいいって。meg3もそう思う。
投げと走りのフォームはしっかり仕込みたい。自分ができてないから娘がどんくさいのが残念。息子に期待(笑)

投稿: meg3 | 2010年6月 7日 (月) 13時57分

楽器ならそうだねー。
家族deセッションってのもあこがれるのだ(*^_^*)

あまり気にしたことなかったけど、いわれてみれば確かにそうかも!
じゃあ娘とも少しはキャッチボールするようにしよう。

投稿: ひ | 2010年6月 8日 (火) 12時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お父さん論:

« 復活のひさたろシアタ | トップページ | 東京が恋しい »