« ひさたろ書評No.40 「昭和天皇独白録」 | トップページ | ほれた、。 »

2010年7月 5日 (月)

経済成長派と財政規律派 No.1

7月5日(月) ■ 経済成長派と財政規律派 No.1 ■
数日前の日記に「国債問題」について書く、
と宣言したので今日はその話。

この国の財政を考えた時、
大きく分けて2つの考え方を持った人達がいると思う。
片方が経済成長派でもう片方が財政規律派。
この借金漬けになった現在においても前者はまだ勢いがある。

オレが国債反対論者で後者の意見に近いのは周知の通りだと思うが、
だからといって前者が次世代に自分達の痛みをなすりつけようとしているとんでもない人達の集まりだ、
とは全く思っていない。
オレは昔っから性善説に立った甘ちゃんなところがあって、
どの政治家もみんな「この国がよくなるように」とがんばってくれている、
と思っている。
ただ、やり方がそれぞれ違うだけ。
財政成長戦略にも財政規律戦略にもちゃんと理屈があって、
国をよくしようという根本部分は変わりない。

さてそんな経済成長派と財政規律派。
経済成長派の考え方はまず第一に「景気」をよくすることで日本をよくしようというもの。
コレは別に借金というツケをあとに残そうと考え方ではなく、
一時的に借金→景気対策→景気がよくなる→税金が増える→借金も返せる→みんな幸せ。
大筋はこんなところか。
この派の長所は日本が元気になってみんなが幸せになる点と、
それによって税収が増える点。
短所は借金地獄に陥る可能性をはらんでいる点。

対する財政規律派の考え方は、
今の「財政」を危機的なものと捉え、
まず財政状態をなんとかしましょうよ、
という考え。
緊縮財政→支出が減る→借金を減らす(or増やさない)→財政状態がよくなる→財政破綻のような極端な不幸せを回避。
長所は借金が減る(増えない)こと。子・孫から恨まれることはない。
短所は現状の困難に直接立ち向かわなければならないことと、
国力が衰退してしまう可能性があるってところかな。


前者の考え方は前者の考え方でそんなに変なことは言っていないと思う。
じゃあなんでオレが前者の考え方をとらないのか。
眠くなってきたので、それについてはまた今度。

-----
2010/07/05 22:58
ねる。
inオレンチ

→掲示板でコメントする
D100705
京都にて。


|

« ひさたろ書評No.40 「昭和天皇独白録」 | トップページ | ほれた、。 »

エッセイ」カテゴリの記事

時事ネタ」カテゴリの記事

政治・経済・投資バナシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済成長派と財政規律派 No.1:

« ひさたろ書評No.40 「昭和天皇独白録」 | トップページ | ほれた、。 »