« ひさたろ書評No.46 「さらば財務省」 | トップページ | 道中記:東海道No.8(平塚宿→大磯宿) »

2010年10月26日 (火)

オレのスキなウタ No.42 「奏」

10月26日(火) ■ オレのスキなウタ No.42 「奏」 ■

スキマスイッチ

今日は大好きなスキマスイッチより1曲。
ご存知の方も多いと思うが、
この曲は別れを歌ったバラードの名曲。
スローバラードで曲調もステキなのだが、
この曲はなんといっても歌詞がすごい。
一度聞いて見るとわかるのだが、
別れ際の切なさがものすごい臨場感とともに伝わってくる。

オレはこの曲をずーっと恋人の別れの曲だと思っていたのだが、
実はこの曲、父と娘の別れの曲としても聞ける。
この視点に気付いてからは男女よりも父娘のほうがしっくりくるようになってしまった。
まだ娘もいないくせに勝手に妄想モードに入って切なくなってしまう。

あ、ちなみに調べてみたところ、
「奏(かなで)」というタイトルは作詞した大橋さんが、
将来子どもの名前につけようと決めている名前らしい。
なるほど、父娘のほうがしっくりくるわけだ。

そんな心にしみる一曲。

-----
2010/10/24 22:30
子どもがほしい。
inオレンチ


→掲示板でコメントする
D101026
皇居のお堀にて。



|

« ひさたろ書評No.46 「さらば財務省」 | トップページ | 道中記:東海道No.8(平塚宿→大磯宿) »

オレのスキなウタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オレのスキなウタ No.42 「奏」:

« ひさたろ書評No.46 「さらば財務省」 | トップページ | 道中記:東海道No.8(平塚宿→大磯宿) »