« 休日出勤な週末 | トップページ | ひさたろ書評No.58 「「若者はかわいそう論」のウソ」 »

2011年8月 1日 (月)

復興と国債と税金

8月1日(月) ■ 復興と国債と税金 ■
震災復興で国債を発行するという。
それ自体は悪い話じゃないのだが、
「増税でそれを返す」という文言を明記できなかったという。
これを支持する議員さんが少なかったのだとか。
信じられん。

お金を借りるときに返す方略を示さなきゃ民間じゃ貸してすらもらえない。
この辺をずさんにした銀行がつぶれまくったのは10年位前の銀行破たん劇の通り。
国だから、そんなことしなくても借金できちゃうんだろうけど、
基本は会社だろうが国だろうが一緒。
返済できないんじゃ大変になことになってしまうと思うのだ。

しかもこの危機的状況ですら「増税」が盛り込めないわけだから、
将来に「増税」を盛り込んでちゃんと返還できるとはまったくもって思えない。
まずい。
非常にまずい。

我が国の国債。
貸してくれる(買ってくれる)人の大半は日本国民。
いやいや私は持っていないっていう人も銀行に預金があるでしょ?!
それを原資に銀行がたんまり買い支えているのだ。
今年度末に借金総額は1000兆円に迫るという。
日本国民の財産は1400兆円といわれている。
しかも1400兆円の持ち主の多くはリタイヤした団塊以上の世代。
これから使っていかなきゃならん金なのである。
いずれ国民(銀行)が貸したくても貸せなくなる時が来るのだ、どう考えても。

問題はその時海外の投資家が国債を買ってくれるかどうか。
毎年40兆円台の税収しかない国が90兆円も浪費をして1000兆円超の借金を持っているわけで、
根本的解決方法はほぼない状態。
しかも新借金をしないと旧借金を返すことすらできない自転車操業中。
オレが投資家ならまぁ買わないね。
どう考えても損するもん。

さっさと増税して超長期でもいいから返済プランを示さないとマズイ。
景気は悪くなるだろうが、
どのみちこのままじゃ長くない。
小学生が考えてもわかる極めて簡単な問題なのに、
なんで大人は官僚・政治家陰謀説とか難しい経済学的理屈とか、
「まずは無駄削減!」みたいなすり替え論とかを取ってしまうのだろう。

民主主義じゃ一人一人が政治家的意識、官僚的視点を持たねばならんと思うのだが。

-----
2011/08/01 21:30
ねる。
inオレンチ

→掲示板でコメントする
D110801
横浜市内にて。


|

« 休日出勤な週末 | トップページ | ひさたろ書評No.58 「「若者はかわいそう論」のウソ」 »

エッセイ」カテゴリの記事

時事ネタ」カテゴリの記事

政治・経済・投資バナシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復興と国債と税金:

« 休日出勤な週末 | トップページ | ひさたろ書評No.58 「「若者はかわいそう論」のウソ」 »