« 戦争に心す | トップページ | もう7年になるんだねー »

2011年8月16日 (火)

哲学する夏旅2011 season1

8月16日(火) ■ 哲学する夏旅2011 season1 ■
いくらか前に旅に出るよー、なんてことを書いた。
妄想程度に。

本当は先週末より5連休であったため、
九州を軸に遠出をする予定であった。
が、悲しいかな、今年は仕事中にやっちゃいけない仕事のようなもの(あくまで本務じゃない)が山積みになっていて、
時間が思うようにとれないのだ。
1日つぶれ、また1日つぶれ、と食いつぶされていくお休みに涙し、
気付けば残り一日になってしまった。

そこで、だ。
今日は完全オフにして、
休みを満喫してやることにしたのだ。
行先は京都+α。

朝ちょい早起きして、まず向かったのが京都。
が、メインイベントは夜なので、素通りして大阪は甲子園へ。
やっぱ夏といえば甲子園っしょ。
1試合ちょい見て次行く予定だったのだが、
作新戦も次の能代商業戦も白熱のすごくよい試合。
思わず全部見てしまい、4時間も過ごしてしまった。
おかげで腕が野球焼け。

続いて神戸に移動。
一度神戸の街を歩いてみたかったのだ。
港や煉瓦倉庫のあるあたりを歩いて海を眺めて満足満腹。
その後神戸の友人「西」と合流。
数年ぶりの再会に積もる話をして盛り上がり、
時間がやってきたのでバイバイ、再び京都へ。

そしていよいよメインイベント。
今日「京都」と聞いてピンときた方もいるかもしれない。
実は今日8月16日は有名な大文字焼きの日。
一度行ってみたかったのだ。
今回の京都行きに際しちょっと調べてみたところ、
正確には「五山送り火」といい、
大文字焼きはそのうちの一つを指す。
言葉の通り5つの山で送り火がなされ、
有名な大文字のほかに、左大文字、妙法、舟形、鳥居の5つがある。
んでもって、この5つをどれも見れちゃう場所が「船岡山公園」という場所なのだ。
最も全部見れるといっても、左大文字と舟形がメインで、
他はやや見づらいけれども。

いやぁ、よかったよ。
送り火が徐々に衰えて消えていくところが、
なんだか線香花火に似た感覚で、
あぁ、夏が終わるんだなーと、しんみりした気持ちに。
また行きたいと思った。

というわけで、哲学する夏旅2011 season1はたった一日でおしまい。
ただ、たった一日にはなったが、
4日分くらいの楽しさがぎゅっと詰まった一日であった。
転んでもただでは起きないタイプなのである。
が、実に残念なことには、
今回の旅のテーマである「哲学」は全く行っていない。

-----
2011/08/17 0:52
さて、寝んべさ。
inオレンチ

→掲示板でコメントする
D110816_2
こういう写真は撮るのが難しい。
自分の目に焼き付けるのが一番。
こいつは船岡山公園から見る「左大文字」


|

« 戦争に心す | トップページ | もう7年になるんだねー »

旅日記」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哲学する夏旅2011 season1:

« 戦争に心す | トップページ | もう7年になるんだねー »