« 恥ずかしいよっぱらい No.2 | トップページ | ひさたろ書評No.63 「明日のリーダーのために」 »

2011年10月 2日 (日)

海芝浦という駅

10月2日(日) ■ 海芝浦という駅 ■
みなさんは鶴見線という路線をご存じだろうか。
神奈川を走っているJR東日本の路線。
首都圏のJR線の車内で首都圏路線図なんかを見るとわかるのだが、
この路線、実にわけのわからない変な形をしている。
そして、その鶴見線の変な形の路線図の先に「海芝浦」という駅がある。

この海芝浦駅。
ちょっとというか、かなり変わっている。
なんと、一般人は駅から出ることができないのだ。
どういうことかといえば、
海芝浦駅の改札の外は東芝の構内になっており、
東芝の社員さん以外は改札外に出ること(正確には東芝構内に入ること)ができないわけ。
降りられない駅としてある筋では有名なのである。

が、もっとおもしろいことには、
この駅、海(京浜運河)に面している。
電車を降りてホームに立つと、
眼前に絶景の海が広がっているらしいのだ。
そういう意味でも有名なのだという。

そんなわけだから、
一度は行ってみたいと思っている。

-----
2011/10/02 22:55
ねよかの。
inオレンチ

→掲示板でコメントする
D111002
横浜にて。


|

« 恥ずかしいよっぱらい No.2 | トップページ | ひさたろ書評No.63 「明日のリーダーのために」 »

エッセイ」カテゴリの記事

都内・横浜」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海芝浦という駅:

« 恥ずかしいよっぱらい No.2 | トップページ | ひさたろ書評No.63 「明日のリーダーのために」 »