« オレのスキなウタ No.117 「Sweet Memories (松田聖子)」 | トップページ | ひさたろ書評No.75 「1勝100敗! あるキャリア官僚の転職記 大学教授公募の裏側(中野雅至)」 »

2012年1月28日 (土)

難破船と若い女性の心理テスト No.2

1月28日(土) ■ 難破船と若い女性の心理テスト No.2 ■
さて、前回の心理テストの回答編。

どんな答えになった?
ちなみにオレは、
若い女性、婚約者の親友、婚約者、水夫、老人。
理由は以下の通り。
若い女性の心情はわかるし、この場合それしか選択肢がなかった。
婚約者の親友は別に悪いことは何もしていない。
婚約者は気持ちはわかるがもう少し女性の苦しさをわかってもよかろう。
水夫はちょっとあくどいんじゃないの??
老人よ、歳をとっているんだから、
悩みをもう少し親身になって聞いてあげてもよかろう。

さて、この心理テスト。
その人の大事にしている価値観が現れるらしい。
オレの場合は、
倫理より愛情や欲求を重視か。
どうしようもないことは許す傾向がある。

でもさ。
水夫は一見悪そうだけど、
条件は前もって提示して彼女に選ばせた上、
約束は守っているよね。
老人はさ、無責任に自分の考えを押し付けないようにしている。
婚約者は何も悪いことしていないし、女性が好きだという現れでもある。
親友はなんか下心ありそう。
女性は目的のためなら倫理を守らず手段を選ばないところがある。

さて。
オレの回答や視点を変えた登場人物の側面をみて、
順位に変化はなかっただろうか?
実はこのテスト、海外の企業の管理職試験のディベートの材料としても使われるらしい。
ディベートで相手を自分の順位に近づけていくというもの。
試験官はその過程を審査するという。

というわけで、この心理テスト、
個々の価値観の優先度を現すだけでなく、
人の価値観は多様であり、場合によっては変えることもできる、
ということもわかるのだ。

ちょっと、深いよね。

-----
2012/01/23 1:22
ねよう。
inオレンチ

→掲示板でコメントする
D120128
九州か。


|

« オレのスキなウタ No.117 「Sweet Memories (松田聖子)」 | トップページ | ひさたろ書評No.75 「1勝100敗! あるキャリア官僚の転職記 大学教授公募の裏側(中野雅至)」 »

エッセイ」カテゴリの記事

心理学・脳科学小話」カテゴリの記事

コメント

前回別コメしたので一応書いとくw
※この記事読んで意見は変わってないよ☆

「誰も悪くない」と思ったのは「世の中にはいろんな人いる」が根っこにあったから、それぞれに理由があってそれぞれに正義があるから許せないもなにも…と。
なので「自分がするに近い行動」の順と理由は
老人-彼女と自分のプライオリティが違うかもしれないから誘導することになりかねない
婚約者-心が納得できないことは納得できない
親友-何もしてないしこの状況でのこの立位置なら妥当w
女性-目的のためには手段選ばないのか?自分さえよければいいの?本当に他に手段はないの?
水夫-人の足元をみて目的を達成しようとするのはどうなの?

詳しい解説みても特に順に変動はないな~。
こういう心理テストって面白半分のネタにはよくするけど、これが試験の材料にもなるってのは思わなんだ。面白いねぇ~

投稿: じゅん☆ | 2012年1月30日 (月) 09時03分

追加:
順位が変わってないのは「ネタバレ前後」での変動のことね。
後半の「ディベート」とは別ね。
ディベートやってみたいねぇ~。みんなそれぞれの理由聞いてみたい。そういうのすっごく好き☆☆

投稿: じゅん☆ | 2012年1月30日 (月) 09時37分

>じゅんさん
つまり多様な価値観を重視するタイプですなw
ステキステキ。
ディベートはおもしろそうだから、ぜひ授業の演習でやってみたいと思った!
きっと食いついてくれるw

投稿: ひ | 2012年1月31日 (火) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 難破船と若い女性の心理テスト No.2:

« オレのスキなウタ No.117 「Sweet Memories (松田聖子)」 | トップページ | ひさたろ書評No.75 「1勝100敗! あるキャリア官僚の転職記 大学教授公募の裏側(中野雅至)」 »