« ひさたろ書評No.79 「海軍と日本(池田清)」 | トップページ | 万年筆のススメ No.10 【ステキなノート達】 »

2012年5月22日 (火)

列車長旅談義

5月22日(火) ■ 列車長旅談義 ■
このページの読者ならウスウスお気づきのことと思うが、
オレは列車旅がスキ。
ドライブもスキであるが、
列車旅はもう格別。

で、この列車旅。
何がよいのかといえば、
それはなんといっても読書に空想+ぼーっとできることに尽きる。
ガタゴトと揺れる車内で、
流れる車窓を時々眺めつつ、
大好きな本を読む。
仕事や書き物の構想を練る。
ただただボーっとする。
たまに窓においたペットボトルのお茶なんか飲んでさ。
もう、たまらない。

鳥取へきてちょっとうれしいことには、
列車長旅の機会が増えた。
なんたって山陰本線は単線非電化路線。
列車もの~んびりと走ってくれるのである。
せかせかした現代人にとってはイライラの種かもしれないが、
オレにとってはうれしいポイントだったりする。

まぁ、わからん人には一生わからんだろうと思う。

-----
2012/04/22 20:24
定例3本目。
in駅前ミスド

→掲示板でコメントする
D120522
上野駅にて。


|

« ひさたろ書評No.79 「海軍と日本(池田清)」 | トップページ | 万年筆のススメ No.10 【ステキなノート達】 »

エッセイ」カテゴリの記事

鉄道バナシ」カテゴリの記事

鳥取のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 列車長旅談義:

« ひさたろ書評No.79 「海軍と日本(池田清)」 | トップページ | 万年筆のススメ No.10 【ステキなノート達】 »