« 2012秋、香川うどん食い倒れ旅日記 No.2 | トップページ | オレのスキなウタ No.151 「ずっと好きだった(斉藤和義)」 »

2012年10月18日 (木)

ご機嫌な午後

10月18日(木) ■ ご機嫌な午後 ■
「ひさたろさん、今日なんかご機嫌ですね」
そう同僚に言われて気付いた。
確かにご機嫌なのである。
特別何かいいことがあったわけでも、
大きなイベントがひかえているわけでもない。
ただ、なんとなく、ご機嫌なのだ。
それも、周りの人にばれてしまうくらい。

こんな日に家にいるのはもったいない。
こんな日に残業するのはもっともったいない。
ビジネス本でもない、専門書でもない、
大好きな司馬遼太郎を携えて街へと繰り出していった。
今思えば、あの時何か見えない力がオレを引っ張っていたのかもしれない。


と、まあ、小説の書き出し風に書いてみた。
もちろん最後の行は完全なる脚色。
しかし残念ながら、
そんなおハナシ的な展開は待っていなかった。

-----
2012/10/18 23:10
ねようぞ。
inオレンチ

→掲示板でコメントする
D121018
残念ながら全くグッと来ない文章ですな。
まだまだあまい。
横浜か。


|

« 2012秋、香川うどん食い倒れ旅日記 No.2 | トップページ | オレのスキなウタ No.151 「ずっと好きだった(斉藤和義)」 »

日記」カテゴリの記事

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご機嫌な午後:

« 2012秋、香川うどん食い倒れ旅日記 No.2 | トップページ | オレのスキなウタ No.151 「ずっと好きだった(斉藤和義)」 »