« 数原晋さんとトランペット No.1 | トップページ | オレのスキなウタ No.191 「雨(森高千里)」 »

2014年6月26日 (木)

数原晋さんとトランペット No.2

D140626
東京タワーもオレを読んでいる。


6月26日(木) ■ 数原晋さんとトランペット No.2 ■

さて、昨日の続き。

その数原晋さん。
これだけいい音出すので、
まあまあ有名なプレイヤーに違いない、
と思ってちょいと調べてみた。

その結果とんでもない事実がわかった。
この人、とんでもなくスゴイ。
どうスゴイか。
彼の演奏してきた作品をみてみるとわかる。

まず大好きな必殺シリーズのあのトランペットは彼の音。
そして金曜ロードショーのテーマソングだったあのシブいトランペットも彼。
もちろんルパン三世のテーマも彼で、
ガンダムで使われている颯爽たるシャアというカッコイイ曲も彼。
そしてそして、天空の城ラピュタでおなじみの、
パズーの吹く「鳩と少年」も彼のトランペット。
極めつけは、あのクレイジーなハイトーントランペットの、
はぐれ刑事純情派も彼の音だという。

いやあ、正直驚いた。
若き日の印象に残っているトランペットはほとんど彼のものだった。
どうも日本のトランペット吹きのトップランナーらしい。
「鳩と少年」はプロの仕業だということはわかっていたが、
まさかそこまでの人が吹いていたものだったとは。
驚いたわけです。

-----
2014/06/21 21:22
行くか。
Glorai Jeans Coffees鳥取にて。

→掲示板でコメントする

|

« 数原晋さんとトランペット No.1 | トップページ | オレのスキなウタ No.191 「雨(森高千里)」 »

音楽」カテゴリの記事

エッセイ」カテゴリの記事

お気に入り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数原晋さんとトランペット No.2:

« 数原晋さんとトランペット No.1 | トップページ | オレのスキなウタ No.191 「雨(森高千里)」 »