« オレのスキなウタ No.190 「雨にぬれても(B. J. Thomas)」 | トップページ | 数原晋さんとトランペット No.1 »

2014年6月22日 (日)

船長気分な徒歩日記

D140622
氷がアイスコーヒー。
こういう心遣いはうれしい。
服部珈琲工房にて。


6月22日(日) ■ 船長気分な徒歩日記 ■

本日は歩きたい気分であった。
なので鳥取駅まで2駅分、
ロングウォーキングをすることにした。
しかし、本日の鳥取、天候はくもり時々小雨、
ところによりにわか雨。

出発時は雨が降っていなかった。
手元のデジタル端末の予報によると、
向こう半日は予報降水量0mm。
これなら行ける!と思ったおれが浅はかであった。

歩いて30分くらいのところで、
ひんやり空気。
これは来るな、と思っていると、
ぽつりぽつり。
小走りで近くのスーパーに退避したところで、
激しい降雨に。

その後やんできたので、再び出発。
一時間ほど歩いたところでまた空気感が変化。
カフェに退避したところで雨。
その後も出発と退避のタイミングを見積もりつつ、
歩いたり雨宿りやらを繰り返して、
現在駅まであと一歩のカフェでこれを書いている。

ずいぶん天気が読めるようになったので、
船長さんにでも転職できるのじゃないかと思っている。

-----
2014/06/22 18:50
音楽が民生になった。
La Bar鳥取県庁前にて書く。

→掲示板でコメントする

|

« オレのスキなウタ No.190 「雨にぬれても(B. J. Thomas)」 | トップページ | 数原晋さんとトランペット No.1 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船長気分な徒歩日記:

« オレのスキなウタ No.190 「雨にぬれても(B. J. Thomas)」 | トップページ | 数原晋さんとトランペット No.1 »