« ひさたろ書評No.107 「「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く (小阪 裕司) 」 | トップページ | 意地でもミニ夏旅2014旅日記 No.1 岡山 »

2014年8月29日 (金)

オレのスキなウタ No.194 「BLUE TEARS(JUDY AND MARY)」


川崎にて。




ゆき、若いですな。


8月29日(金) ■ オレのスキなウタ No.194 「BLUE TEARS(JUDY AND MARY)」 ■

BLUE TEARS
JUDY AND MARY

すでに紹介済のDAYDREAMとならんで大好きなのがこいつ。
比較的激しい曲調なのだが、
どこかすーんとさせてくる不思議なウタ。
わっかるかなー。

カウント的なハイハットとスネアで、
いきなりサビ入りするダイナミックさがたまらなく好きだった。
これはこのウタを初めて聞いた頃の感情。
もちろんその点は今でも変わらないのだが、
それにも増してメロディーラインとコード進行がスキになった。
きっと冒頭に書いた激しいくせにすーん、の理由がここにある。
よく聞くとベースとドラムがちょこまかといい動きをしていて、
それがまたよかったりもする。

こいつも大昔バンドでやったことがある。
その個人的な思い出もまたスキな理由でもあると思っている。
音楽と個人史は切り離せない。

-----
2014/06/01 20:04
2本目。
鳥取駅ナカドトールにて

→掲示板でコメントする

|

« ひさたろ書評No.107 「「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く (小阪 裕司) 」 | トップページ | 意地でもミニ夏旅2014旅日記 No.1 岡山 »

オレのスキなウタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オレのスキなウタ No.194 「BLUE TEARS(JUDY AND MARY)」:

« ひさたろ書評No.107 「「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く (小阪 裕司) 」 | トップページ | 意地でもミニ夏旅2014旅日記 No.1 岡山 »