太平洋戦争を読み解く

2013年8月15日 (木)

戦争を考える

D130815

智頭にて。


8月15日(木) ■ 戦争を考える ■

兄貴の日記に説教くさい戦争の記事が載ると夏を感じるんだよね、
とわが愚弟に言われたことがある。
そのくらい毎年書いているのがこのネタ。
去年はあまりの忙しさにこの記事を書かず、
このままなし崩し的におしまいになるかとも思われたが、
そうはならない。
今年は書く。

オレにはあの戦争についてすごく不思議に思っていることがいくつかある。
どうして戦争をはじめたのか?
どういう見通しを持って戦争をしていたのか?
上のようなことを筆頭に様々な疑問があるのだが、
その中のひとつに、
なぜもっと早くやめなかったのか、
という問いがある。

例えば。
早く終わっていたら、原爆は落ちなかった。
沖縄であんな悲惨なことも起こらなかったし、
ソ連が攻め込んできてアブナイことになる可能性も減っていた。

続けてたら勝ち戦に転じるかもしれないわけだから、
早くに戦争をやめるなんて選択肢をとらなかったんじゃん?!
と思われる方もいると思うが、そんなことはない。
日本の負けは結構早い段階で濃厚になっていた。
少なくとも終わりの1年は勝ち戦に転じる可能性のない、
やる必要のない戦争であった。

資源を海外から運ばなければならない日本にとって、
制海権による海上輸送路の確保は必須であった。
それなのに日本は開戦半年後にミッドウェー海戦で、
これからの海戦に必要な戦力である主力空母の多くを失っている。
そして終戦の10か月ほど前、レイテ沖海戦でぼろ負けし、
海軍の艦隊戦力は事実上壊滅した。
この時点で残念ながら日本の敗戦はほぼ確定している。
なぜこの後だらだらと戦争が続いたのか、よくわからない。

さらに。
その後、B-29による大空襲が起こった。
これはもはや本土の防空能力がないということを示しているわけなので、
負け確定を象徴するような出来事。
東京大空襲も大阪大空襲も終戦の年の3月に始まっているので、
これを契機に戦争をやめていれば少なくとも原爆は落ちていない。
大空襲は戦闘機の少なさだけが原因かと思っていたが、
調べてみるとそもそも技術的な問題もあったという。
どういうことかといえば、
B-29が飛行していたのは超高高度と呼ばれる高さで、
日本の戦闘機ではその高度に届くのが難しかったという。
もうどうやっても負けである。
しかし、この後半年近く戦争はだらだら続くのである。

これはこの時代の指導者がへぼかった、
と考えるのも1つだが、
それだけではない、と思っている。
戦争というのは始めるのは簡単だが、
やめるのは非常に難しい、という特性を持っている気がするのだ。
これはいろいろな本を読んでいく中で感じたこと。

それを示すエピソードを1つ。
8月15日に玉音放送で戦争にピリオドが打たれたのはご承知の通りだが、
当日これを察知して止めようとしたグループによってクーデターのようなことが起こったことはあまり知られていない。
原爆を2発落とされてもなおそうなのであるから、
戦争をやめるのがいかに難しいかがわかる。
終戦工作に奔走していた時の総理大臣鈴木貫太郎が、
表向きにはずっと戦争続行を主張していたのはちょっと知られたハナシである。

戦争を考えるとき、
「どうやって戦争をやめるか」、
という視点を持っておくことは大切だと思う。
今の日本にも勇ましい強硬論者はたくさんいるが、
この視点も併せ持っている人は少ないと思う。


今年はちょっと焦点をしぼって書いてみた。
ちょっと戦争を読んでみようか、と思ってくれる人が1人でもでればうれしいもの。

-----
2013/08/16 0:30
いい時間になってしまった。
inオレンチ

→掲示板でコメントする

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

終戦記念日のコラム

8月15日(日) ■ 終戦記念日のコラム ■
今日は終戦記念日。
65年前の今日、あの無謀でよくわからない戦争が終わった。
日本人だけで300万人も死者がでたという。
当時の人口が7000万人ということを考えても、
これはすごい数字だと思う。
あまりにも遠い昔に行われた戦争。
普段はあまり深く考える機会がないので、
オレは1年に1度この時期だけは、
あの戦争についてちゃんと考えようと思っている。

「戦争は悪いこと!!」
というのは平和な時代、誰もが知っている常識のようなもの。
早い話が殺し合いをするわけだし、
その結果戦争が終わってもさえなお長い年月にわたって傷跡が残る。
悪いのはわかりきっているわけさ。
それでも戦争ってのが繰り返されているのはなぜだろうか。
それを学ぶ一番身近な教材が、
65年前に終わったあの戦争だと思う。
悪いとわかっていても繰り返されてきた歴史を見るに、
これからだっていつ起こるかわからない。
平和なときにこそ戦争についてじっくり学んでおかないと、
いざそういう流れになったとき正しい判断ができなくなる。
これはあの戦争を読んだときにオレがよく思うこと。

今日15日は政治家の靖国参拝がニュースになるが、
オレは参拝するしないは大したことではないと考えている。
オレがもし戦死者だったら、
形式的に参拝してくれるよりも、
自分達の失敗を忘れずいっぱい学んでもらって次に同じような犠牲者がでないように考えてくれることのほうが、
何百倍もうれしいと思うだろうなぁ。

なーんてことを考えた終戦記念日コラム。
オレが生きているうちにはこういう悲惨なことは起こらないようにしたいし、
起こりそうなときにちゃんと正しい判断と論の展開ができる知識を持っておきたいもの。

-----
2010/08/15 12:54
さて、でかけるか。
in横浜別荘

→掲示板でコメントする
D100815
のんびりがいいよ、のんびりが。
横浜にて。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

ひさたろ書評No.40 「昭和天皇独白録」

7月4日(日) ■ ひさたろ書評No.40 「昭和天皇独白録」 ■
昭和天皇独白録
寺崎秀成(編著)
評価(最高5):☆☆☆

久しぶりに昭和史もの。
少し新しめの昭和史についての本を読むと、
必ずと言っていいほど引用されているのがこの本。
一度読んでみたいと思っていたのだが、
ようやく先日挑戦してみた。
一言で感想を言うと、
「すごい」本。

内容は昭和天皇が戦後すぐに側近達に語った戦争についての話を、
その中の1人である寺崎さんが書き記したもの。
なんで最近の本でよく引用されているかといえば、
しばらく彼の遺品の中に埋もれていたから。
あの戦争の天皇責任論についてはいろいろ聞かれるが、
生の天皇の声について記されたものは実はほとんどない。
昭和前史における天皇の姿勢・態度について、
彼の視点から触れることができる第一級資料である。
もちろん天皇陛下が戦後振り返って語ったものなので、
史実という観点からはやや信頼度が落ちるが、
それでも他の視点からは得ることができないすごい資料。
読みながらゾクゾクしてしまった。

本自体は昭和史・太平洋戦争史について少し知識がないと楽しめないかもしれない。
ただ、この辺についてある程度知っている人なら楽しめること間違いない。
マニアックにおススメのすごい本。

-----
2010/06/20 18:48
ああ、サザエさんが終わってしまう。
inオレンチ

→掲示板でコメントする
D100704
実家の庭にて。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月24日 (月)

山本五十六の話

5月24日(月) ■ 山本五十六の話 ■
山本五十六という人をご存知だろうか。
この人は昭和期の海軍軍人で、
太平洋戦争開戦時に連合艦隊の司令長官をしていた人。
真珠湾攻撃を指導した人としても知られていて、
一見激しい戦争推進派のような気もするが、
実はこの人海軍では反戦派の急先鋒だったらしい。

もともと太平洋戦争がなぜ起こったかといえば、
日本がドイツ・イタリアと三国同盟を結んだことによるところがでかい。
アメリカはドイツと手を組むというのは絶対譲れないセンで、
今で言えばイランやら北朝鮮と手を組むようなもん。
ただ今のイランやら北朝鮮と違うのは、
当時のドイツはどかどか他人の家に土足で上がりこんでやりたい放題やるというような戦争状態にあった点。
当然三国同盟を結べば対米戦争の可能性は格段に上がることはわかっていたというわけ。

それでもドイツの勢いに乗って激しく行きたい陸軍はこの三国同盟を推し進めようとがんばっていたわけなのだが、
当時海軍省の次官だった山本五十六は真っ向から反対したという。
冷静に見てアメリカには勝てる見込みはないし、
ドイツ・イタリアと手を結ぶメリットも少ない、と。
当時は一種の集団的狂騒状態にあったので、
こういう世論的勢いに逆らう意見というのは弱腰・逃げ腰にうつる。
当然いつ殺されるかわからないような状態になるわけだが、
彼は遺書をしたためつつ反対の姿勢は変えなかった。
ついに彼の命を案じた上司の米内海相によって、
洋上の連合艦隊司令長官に出されることになるのだが、
それまでは命が危なかろうが「弱腰」と不名誉な言葉を投げかけられようが、
決してぶれることなく日本と国民の利益を考え「海軍次官」の職責を全うした。

世論も含めて狂騒状態に陥ったとき、
彼のような良識があって勇気のいる行動をどれだけいるだろうか。
本当にすごい人だと思う。

-----
2010/05/22 0:54
ねよう。
inひさたろ九州別荘

→掲示板でコメントする
D100524
石巻だか松島だからへんにて。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

米内光政という人

1月27日(水) ■ 米内光政という人 ■
みなさんは米内光政という人をご存知だろうか。
彼が一体どういう人物なのか、
すぐ出てきた人はなかなか昭和初期の歴史に詳しいと思う。

この人は太平洋戦争終結時の海軍大臣で、
太平洋戦争が始まる何年か前の総理大臣でもある。
総理大臣になる前には海軍大臣もしていた。
この経歴だけを見るとあの戦争を指導したロクデナシ、
と見えるかもしれないが、実はそうではない。

彼は戦争前の海軍大臣時代には、
アメリカとの戦争の種になる外交問題(三国同盟)に終始反対の態度を貫いた。
海軍大臣の米内、海軍次官の山本五十六、軍務局長の井上成美と、
強固な線を作り、
戦争への進行を食い止めていた。
山本五十六というと真珠湾を指導した人なので、
反戦といわれると不思議な感じがするかもしれないが、
反戦的姿勢が強すぎて命が危なかったほど反戦派の軍人だったらしい。 が、山本の話はまた今度。
昭和初期に彼らの担った役割は大きくて、
おそらく戦争への突入をいくらか遅らせたのではあるまいか。

総理大臣就任中も戦争反対の姿勢は変わらなかったが、
陸軍や世論の反感を買い、
内閣総辞職をして一線を退いてしまう。
その後戦争突入から戦争後半までは、
軍事・政治の一線からは距離を置いている。
彼が再び中央に出てくるのは戦争終盤で、
政府が裏で終戦を模索し始めたころ。
予備役から現役軍人に復帰し(これはものすごく珍しい)、
海軍大臣に就任した。
そして終戦への政治的な動きをサポートし、
ついに戦争を終わらせることになる。

戦争終結後、海軍大臣の職が自然に失効してからは、
政府の要職につくことはなく2年強でその生涯を閉じた。
まさにあの戦争対するブレーキのための一生だったように感じる。

彼については昭和史を学ぶと少なからず目にするので、
ずっと興味を持っていたのだが、
知れば知るほどその人物に魅せられてしまう。
ものすごく人間的魅力に富んだ人でもあったらしい。
それにしてもあのような全国的な集団的狂乱の中で、
冷静に彼のような姿勢を貫ける人がどれだけいるだろうか、。

興味を持った人は、
米内光政
昭和史 1926-1945
あたりを読んでみるといいかも。

-----
2010/01/23 19:38
そろそろ行くか。
in福井駅前ミスド

→掲示板でコメントする
D100127
金沢城址にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)